英国に永住した日本人夫婦のスローライフとHappy子育て。 試行錯誤でバイリンガル教育してます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


妊娠中のビタミン剤(29週)
2007年09月25日 (火) | 編集 |
今日はイギリスで一番人気の妊婦用サプリメントPREGNACAREについて。

PregnacarePlus


これは、妊娠前から妊娠中そして授乳期まで飲み続けることができるビタミン剤です。
わたしは、妊娠前2ヶ月から飲み始めました。そして授乳期終わりまで飲み続けるつもりでいます。(今のところ私の血液検査の結果も良好なので。)

妊婦に特に必要といわれる葉酸と亜鉛が含まれたすぐれもの。
妊娠が分かってからは、PREGNACARE PLUS(PREGNACREのタブレットと、オメガ3のカプセルがセットになったもの。)を毎日服用しています。

Pregnacare Plus の成分表はこちら→

この一般にFISHオイルと呼ばれるOMEGA-3(DHA、EPA)は、
日本でも青魚(さんま、いわし等)に豊富に含まれ、食べると頭が良くなるなんていわれるけど、
イギリスの雑誌Organic lifeの8月号(issue22)にも興味深い記事が載っていました。
なんと英国メディカルジャーナルThe Lancetが、1万2千人の妊婦を対象にした調査で、妊娠中に魚を食べなかった妊婦の赤ちゃんは、Verbal(言葉の)IQやSocial behaviour(社交性)などが、食べた妊婦の赤ちゃんより低い事が判明した!と報じたというのです。

妊婦がオメガ3を摂取すると、賢い赤ちゃんになるって事か?

イギリスで妊婦が魚を食べることについては様々な意見があって、
水銀やその他の汚染物質の含有量などが問題視されるけど、
最近の傾向としては、青魚はマグロなどの大型魚類(こっちは控える様注意されます。)に比べて安全で、週3食までの摂取であれば問題がないという見解が主流みたい。
Organic Lifeでも、汚染物質問題より、その栄養価と効果を考えれば、妊婦に摂取を推奨するべきであると書かれていました。

結局、たくさん摂取すればその分もっと賢い赤ちゃんが産まれるというわけでもないのねぇ。

私個人的には、やっぱり魚介類はできるだけ控えて、比較的安全かな?と思う、サプリメントでFish Oilを摂取する選択をしました。

イギリスで一般的に、妊婦が食べてはいけない物って結構あるのですが、日本ではどうなんでしょう? 健診の数は圧倒的に多い日本ですけど、普段の生活の制約ってイギリスの方が多いような気も。

すべてが、気休めかもしれないけど、少しでも赤ちゃんに良い栄養を取りたいと思う私は、もうすでに親ばかなのかしら?

人気ブログランキング

クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。