英国に永住した日本人夫婦のスローライフとHappy子育て。 試行錯誤でバイリンガル教育してます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第一回 超音波スキャン(13.6週)
2007年09月16日 (日) | 編集 |
First Ultrasound Scan

イギリスでは、特に問題がない限り、スキャンはたったの2回だけ。
(詳しくは“イギリスの超音波スキャン”ここ→を呼んでね。)

出産予定のNorthwick Park Hospitalで検査しました。
初めて見る胎児の姿に、一緒に来てくれた主人と妹共々すっごく感動。
よくみると指しゃぶりをしながら、足をぱたぱた。
数日前から胎動を感じ始めた私。
初産でしかも14週なんだから早すぎる。気のせいでは?という疑問も解消しました。
だってスキャンで見ると、蹴ってるタイミングと感じる胎動が一緒。
やっぱり胎動でした。とてつもなく元気な赤ちゃん?!
だとしたらパパ似なのか。

スキャンにはベテラン技師さん一人に、二人の学生さんが同席。
最初にベテランの人が手早く大きさを測った後、見習い中の学生技師さんに、
この数値を測り取れるかやってみなさいと指示。
ベテラン技師さんのときは、数分ですべての数値を痛みもなく測れたのに、
見習いさんは、10分ちかくかかっていました。
しかも強く押すのでちょっと痛かった。
私としては長くスキャン映像を見ていられるので、学生さん大歓迎!!
でも赤ちゃんは痛いぞ、この野郎!とばかりに、動く動く!くるくるしていました。
この週数にしてはすごく動くほうなんだって。
やっぱりパパ似なのか。

検査前に待合室にある自動販売機でクーポンコインを一枚2.5ポンドで購入。
ゴルフの打ちっぱなしとかゲームセンターなんかでもらうやつが出てくる。
それを検査の際に渡すとスキャン映像をプリントアウトしてくれました。
一生の宝物だね。

この日の検査で、妊娠13週と6日だということが判明。最初の予測との誤差は2日。

予定日は、12月11日に決定!

二回目のスキャンを予約し、隣接するANTENATAL CLINIC にて
Antenatal Class(出産準備クラス)の予約を入れて帰ってきました。


クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。