英国に永住した日本人夫婦のスローライフとHappy子育て。 試行錯誤でバイリンガル教育してます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第一回 血液検査(12週1日)
2007年09月16日 (日) | 編集 |
血液検査のためにGPの看護師のもとへ。
たわいのない世間話をしているうちに、すべて終了。

何本か血液を採ったけど、まったく痛みはなし。さすがにベテラン看護師さんでした。
妊娠前は献血に行っていた私。そういう人は比較的、採血がスムーズなのだとか。
情けは人のためならず。ちょっとちがうかな。

今回の検査項目は以下のとおり。
血液型(RHのタイプも)
ヘモグロビン値 (貧血の検査)
妊婦の血液中の胎児の血液に対する抗体の有無(RHマイナスの人は抗体がある場合があるので)
風疹抗体
性的感染病(HIVや梅毒など)のチェック
B型、C型肝炎
トキソプラズマ
などです。

日本でする検査とほぼ同じじゃないかな。
結果は、次回助産婦検診の際に教えてくれるそう。

内出血の跡すらなかったー。

クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
血液型血液型(けつえきがた)とは、血液内にある血球のもつ抗原の違いをもとに決めた血液の分類のことである。概要抗原は、赤血球・血小板・白血球・血漿などに存在し数百種類が知られており、その組み合せによって決まる血液型は膨大な数(数兆通り以上
2007/09/17(月) 03:55:54 | まなかのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。