英国に永住した日本人夫婦のスローライフとHappy子育て。 試行錯誤でバイリンガル教育してます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いわしのラザニア -Lasagne with Sardines-
2006年05月22日 (月) | 編集 |
いわしのラザニア

私のイギリス人上司はお料理するのが大好きで、よく前日食べた夕食の話をしてくれます。
そして、先週教えてくれたのがマグロのラザニア。マグロの切り身をミンチにして作ったのだとか。
ラザニアといえばミートソース、シーフードにチーズは合わないと言う固定観念のあった私はこれにはびっくり。
お魚がパサパサにならないか心配でしたが、ソースとからめてラザニアシートを乗せるからしっとり出来上がると力説する上司に思わず納得。思い切って、試してみました。

この時期、イギリスではとっても新鮮ないわしが安価で手に入るので、マグロの代わりにいわしで挑戦してみました。
いわしはマグロほど濃厚な味ではないので、チリとパプリカを多めにきかせました。

クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 料理ブログへ

いわしのラザニア2



<材料>
(トマトいわしソース)
いわし 5尾(3枚におろしてミンチにしたもの)
赤、緑、黄色ピーマン 各半個 (みじん切り)
マッシュルーム 8個 (みじん切り)
玉ねぎ 中1個 (みじん切り)
ニンジン 半本 (みじん切り)
ホールトマト 1缶
パプリカ 少々
トマトピューレ 大さじ1
チリペースト 大さじ1
にんにく 一片(つぶしてみじん切り)
ドライハーブ(セージ、タイム、パセリなど) 少々
ローリエ 2枚
(ハーブが生の場合はみじん切りにして、少し多めに入れる。)

(ホワイトソース)
バター 大さじ2-1/2
小麦粉 1/3カップ (大さじ1=9g 1カップ=110g)
牛乳 3カップ
塩 少々
こしょう 少々
生クリーム 1/3カップ

ラザニア 6枚
ピザ用チーズ (今回はチェダ-チーズを使用) 120g

<いわしトマトソースの作り方>
1.鍋にオリーブオイルをあたためにんにくをいれる。
2.香りが出てきたら、ピーマン、たまねぎ ニンジン、マッシュルームを炒め、
火が通ったら、トマト缶を入れる。
3.塩コショウし、ドライハーブとローリエをいれ、弱火で15分煮込む。
4.一旦、火を止めホワイトソースを作る。(少し冷ますと味がなじみます。)
5.ホワイトソースが出来たら、トマトソースの鍋を強火にして、いわしを入れ、5分煮込む。
  (このときあまり混ぜ過ぎると、いわしがぼろぼろになるので注意。)



<ホワイトソースの作り方>
1.フライパンに弱火でバターを溶かし、小麦粉を入れよくからめる。
2.牛乳を少しづつ注いで、よく混ぜる。
3.ソースがぽってりしてきたら、火をとめ、生クリームをまぜ、塩コショウする。

<ラザニア>
1.ラザニアはあまり柔らかくなり過ぎないようゆでる。鍋にすこしオイルを入れるとくっつかなくなります。
2.茹で上がったら、水気をとっておく。

<仕上げ>
1.耐熱容器に、油をまんべんなくのばし、トマトソースを平らに広げる。
2.その上に、ホワイトソースを広げ、ラザニアを置く。
3.もう一段同じことを繰り返し、ラザニアの上に薄くホワイトソースを広げ、チーズをかける。
4.220度のオーブンに入れ、20分程度焼き、チーズに焦げ目がついたら出来上がり。

クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 料理ブログへ

こちらも!。⇒レシピブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。あれ・・・以前にもコメントさせていただいたような、初めてのような・・・。いずれにしても、何度かお邪魔させていただいているわけであります(笑)
Sasha.Yさんのお料理からは、何だかすごく温かさが伝わってきます。スローライフ、いいですね☆
2006/05/22(月) 11:49:34 | URL | Risa #-[ 編集]
Risaさん、こんにちは。
コメントしていただいたの初めてです。
ありがとうございまーす。

でも、セインズベリーアップルパイの件でお世話になりました(笑)。

また、テストの合間に遊びに来てくださいね。
2006/05/22(月) 21:09:58 | URL | Sasha.Y #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。