英国に永住した日本人夫婦のスローライフとHappy子育て。 試行錯誤でバイリンガル教育してます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドッツカードをフラッシュ!効果はいかホド?
2008年09月26日 (金) | 編集 |
数字を赤い点で視覚的に理解するドッツカード。
右脳が優勢な乳児期には、この絵で見せる教育が有効なんだとか。
(ドーマン博士本の受け売りですけど。)



クリックしてね
ランキング参加中。応援してくれてありがとう。



で、ライアンも2ヶ月のころから毎日10枚くらいづつ
(あ、5枚くらいを一日何セットもしたんだっけ?忘れちゃったナ。)
とにかく、必死で、
フラッシュ、フラッシュ。

はっきり言って、5ヶ月ころまで、
反応ゼロ。(涙)がっくり

何度もくじけそうに。。

『こんなのどうせ意味わかってないし、ちゃんと見えてるのかすらあやしいゾ。』
と、思い始めた5ヶ月のころから、

カードを取り出しただけで『ニコニコ』。


数字カードだってわかっていたのではなく、
カードをみたら、ママが遊んでくれる~!と、大喜びで
ママ大好き~LOVEモードだったのか?←母願望
(この人、必死でなんかやってるーおもしろ。だったかも。)

でも今ではカードなしで
ONE、TWO・・・と言うだけで、なぜか
『きゃぁぁ』。
と大喜び。

しかし、フラッシュカードは
あくまでも視覚的なもの、、、、
数字を言葉で聞いて喜んでいるライアン。
これは果たして成功なのか?!(ちょっと疑問符。)

最近はカードを自分で本棚から取り出して遊び始めました。
ドッツカード

ちょっと、こんなかんじ。
もうカードがバラバラ。。
毎回、並べなおすの面倒だからやめなさーい!!アップロードファイル
まぁ、好きで遊んでるからいいのかな。
ちなみに、木製の子供用アバカス(そろばんみたいなの)も
大好きでよく遊んでいます。
これも、ドッツカードの効果なのか?

まぁドッツの効果がわかるのは、実際15年後くらいか。。。
ほんと子育てって結果が見えない地味な作業よねぇ。


BlogRanking
最後まで読んでくれてありがとう。こっちもクリックお願いします。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。