英国に永住した日本人夫婦のスローライフとHappy子育て。 試行錯誤でバイリンガル教育してます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初めての日本パスポート。
2008年09月17日 (水) | 編集 |
ピカデリーにある日本大使館(領事館)へ
ライアンのパスポートを受け取りに行ってきました。

申請は一週間前に済ましてありました。
必要書類は、
1.日本から自分で取り寄せた戸籍抄本(6ヶ月以内に発行の物)
2.国際規格サイズにあった写真。
3.名前の英語表記がローマ字表記と違う場合は出生証明書。

必要書類に記入して申請すれば、1週間で発行でした。
遠方の人用に一日発行サービスもあるようです。
詳しくは⇒(大使館のサイトへ)
国際規格の写真サイズは⇒(外務省のページへ)

クリックしてね
ランキング参加中。読んだら押してね。


この証明写真が大変だったー。

ライアンの写真は、
自宅で撮影したものをPhotoshopでサイズあわせして
Bootsで現像してもらいました。
乳幼児の場合は規則が甘く、目が正面を向いていない
とかなら、OKみたい。
(これはイギリスの国際規格写真のページに書いていたので日本のほうが厳しいかも。)

ちなみにICチップになってからは、写真が世界標準になり、イギリスも日本も同じです。


横向いちゃったり、
証明写真2

わらっちゃったり。
証明写真

なかなかじっとしてくれず、
もう大変でした~。

ともあれ、今日は受け取り証にサインして無事受け取ってきました。

これで日本に入国できるわー。

それにしても、本籍地に自分で戸籍抄本を取り寄せなくちゃいけないなんて
結構面倒です。
戸籍管理は自治体がしてるからしょうがないのかもしれないけど、
そういうところがお役所仕事だよね。。

イギリスも出生証明書をカウンシルでもらわなくてはいけないけど、
戸籍抄本みたいに6ヶ月で期限切れ。って言う制約がないから、
前もって何枚か自宅にストックできるし。。。

個人的には日本の戸籍法は好きだけど、
本人証明するのに戸籍データが必要?!
戸籍抄本以外に、自治体で出生証明書を発行してほしいなぁ。
出生内容は不変だから6ヶ月とかの制限も必要なくなるしネ。。


BlogRanking
最後まで読んでくれてありがとう。こっちもクリックお願いします。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。