英国に永住した日本人夫婦のスローライフとHappy子育て。 試行錯誤でバイリンガル教育してます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出産しました。
2007年12月29日 (土) | 編集 |
出産しました。


予定日より早く出産したので、とっても久しぶりの更新になってしまいました。


二週間も早く破水をしたので、入院をして促進剤(ジェル)をすることに。

でも、なぜか一回目は失敗(涙)。



陣痛が8時間あったその後、なんと
陣痛フェードアウト。。。


痛いだけだった。もぅ。


しかも分娩病棟が一杯で、促進開始は夜中の1時。
主人も午後8時に帰宅させられ、陣痛始まっても病室で一人だったのヨ(悲)




翌日はその名残か?自然に陣痛が始まりかけて、いたたた。って、

またフェードアウト。


わが息子、よっぽどお腹に居たかったのねぇ。



さすがに陣痛の痛み逃しもちょっとうまくなってきました。
ひーと、ふーの間隔が絶妙。(なんのこっちゃ)



そして入院4日目。

今日こそは産みたいゾ。と朝から意気込んでたけど、
午後8時まで分娩室の空き待ち。

いろんな方から、まだかー?ってご心配いただきました。
ありがとうございます。

二回目の陣痛促進剤は、ホルモン点滴。

私の血圧を5分毎に測り、胎児の心拍を常時モニターするため、
最初から分娩室のベッドにハリツケ(全く動けないの)で、

仰向けで6時間陣痛に耐えました(涙)。



ウィリアム・ウォレス(メル様)の

FREEDAAAAM!!状態っす。




しかも、助産婦さんの

「この促進剤使うと普通の二倍痛いから、始める前に無痛分娩の注射する?」

で、恐怖は200倍だったワ。



笑気ガスのみで乗り切ろうと試みるも
六時間後に無痛分娩プリーズって叫んでました。


分娩室に入ってから出産まで15時間!


結局、入院してから5日目でやっと出産。



計3日間の陣痛、15時間の分娩。
さすがに疲れ果てました。



でも、我が家に届いた最高のクリスマスプレゼントです。


真っ赤なお鼻のトナカイさん。

しっぽもあるヨ。

TONAKAI


クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 海外生活ブログへ

人気ブログランキング





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。