英国に永住した日本人夫婦のスローライフとHappy子育て。 試行錯誤でバイリンガル教育してます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第5回 助産婦健診(30.5週)
2007年10月09日 (火) | 編集 |
今日は8ヶ月の助産婦健診でした。

まず、先日おこなった血液検査の結果は問題なしでした。

そしていつもの健診結果も子宮底長以外は特に問題なし。
胎児心拍数 153-164
体重 6.6キロ増
尿検査 問題なし
血圧 118/ 70
子宮底長 30センチ

たぶん、子宮底長も30.6週の日本標準だと全然問題なしか、ちょっとお腹が大きいくらいかな?
でも、イギリス標準だと、体重の増加が少なく、お腹も小さいらしい。。体重は前回が増えすぎだったから、食べ物に気をつけてたら減ってしまったの。。
(でも私は妊娠前のサイズが8か10だったので、最初からサイズ14とか16が平均のイギリス人と比べられても困るのだ。)

それよりも心配なのは赤ちゃんが前回の健診と同様

横位のままだったの。

来週、急遽もう一度、助産婦健診をしてそれまでに動かなかったら
病院へ行ってスキャンして、胎児の詳しい数値を調べましょうって言われました。

帰り道はすごくショックで、パニックしてしまったけど、
落ち着いて考えたら、イギリスでもう一度スキャンが出来るのはラッキーかも。
と、思い直しました。

でも赤ちゃんの位置が治らないと、横位の場合は100%帝王切開。
なんとか動くよう、お灸をしたり、体操したり、はいつくばって床掃除したりしてます。
ふと思ったんだけど、

なんで私がお灸すえられちゃうわけー?

親にだってすえられた事ないのに、我が子に。。(涙笑)
もう、早く直っておくれー。

人気ブログランキング

クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 海外生活ブログへ

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。