英国に永住した日本人夫婦のスローライフとHappy子育て。 試行錯誤でバイリンガル教育してます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


助産婦健診(8回目) 35.6週
2007年11月16日 (金) | 編集 |
助産婦健診に行ってきました。
血液検査の結果も出ていて、すべて良好でした。

胎児心拍数 143-159
体重 9.7キロ増
尿検査 問題なし
血圧 一回目112/75
子宮底長 34センチ


ずっとお腹の調子が悪かったことを話すと、
食事制限するように指導されました。

今日から2日間はトマトスープと水だけ。
イギリスのトマトスープ=日本でのおかゆ。
とりあえずは病人食を食べなさいって事か(涙)

その後も、肉、乳製品、魚は一切だめ。
調子がよくなってきたら、自己判断で少しずつ元にもどすようにとの事。

ベジタリアンなんて無理無理無理よぅ!

悲しいかな菜食にしてからの2日間、とっても調子がいい。
でも、でも、満腹感が得られず、ずうっとお腹がすいてる。

あぁ、ステーキ食べたい。(山口美江風でつぶやく。)

クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 海外生活ブログへ

人気ブログランキング



スポンサーサイト

助産婦健診(7回目)33.6週&血液検査(4回目)34週
2007年11月07日 (水) | 編集 |
後期に入って健診のペースも2週間に1回。
今回は血圧が高めだったので測りなおし。二回目は正常値でした。
一回目の測定時に、助産婦さんとおしゃべりしてたのがいけなかったかも(汗)

胎児心拍数 160-173
体重 8.1キロ増
尿検査 問題なし
血圧 一回目120/80 二回目105/76
子宮底長 32センチ

そして、血液検査もしました。
今回の看護婦さんは下手だったー。
ずっと血管が見つけられなくて、採血もめちゃめちゃ痛かった。
採血後も痛くって、内出血も大きな範囲で!してました。
私のカルテを見て、あなたの生まれた年に看護婦になったのよー。私も歳ねぇ。
って、そんなベテランだったの???!
うーん、何十年も採血しない部署にいたのね。たぶん。。。。

そして、ふと疑問に思った。
出産も助産婦さんによって痛みが全然ちがったりするのかしら?
帰り道、隣接の教会に寄ってみた。
とりあえずお願いしてみる。

出産の日は、どうか上手な助産婦さんにあたりますように!

神様、プリーズ!!(けっこう真剣ヨ!)

クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 海外生活ブログへ

人気ブログランキング



GROWTH スキャン (33.2週)
2007年10月27日 (土) | 編集 |
前回の助産婦検診で、子宮低長がちょっぴり小さかったので、スキャンしてもらいました。
GROWTH SCANといって胎児の成長の具合をみてくれるスキャンだけど、
イギリスでは通常行わないの。詳しくは過去記事読んでね⇒

待合室でお隣の妊婦さんを見ると、大きいおなか!!ますます不安になっちゃいました。
後で小耳に挟んだ会話から察するに、双子ちゃんのママだったみたい!
あーよかったぁ。双子の場合も、スキャンの回数が多くなるのねぇ。

そしてスキャンの結果は、ぜんぜん問題なし。

頭の大きさ、胴回り、足の太さ、胎児の体重と身長、羊水の量、すべて平均。
まずは一安心。で、性別の再確認をちゃっかりしてきちゃいました。

やっぱり男の子みたい

男の子の名前ばかり考えているので、とりあえずホッとしました。

やっぱり日本人のお腹は、イギリス人より小さくてあたりまえよネ。
それにしても、イギリス人の大きい大きいお腹には何が詰まっているのか?!


ケロッとスイッチ頂きました。
じつは前から気になっていたの。超感激しました。

ケロッとスイッチ

ケッロと泣き止むといいな。早く使ってみたーい。
でもどうしてカエルじゃなくて、クマさんなのかしら? ケロッ。





クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキング

助産婦健診(6回目) 31.6週
2007年10月16日 (火) | 編集 |
先週の健診結果が再検査だったので、今週も健診に行ってきました。
そして結果は。
胎児心拍数 151-169
体重 7.5キロ増
尿検査 問題なし
血圧 116/ 72
子宮底長 28センチ(先週より小さい?!)
すべて良好。そして心配していた

横位がなおってましたー。

どうも昨晩、最後の最後で動いたみたい。よかった。よかった。
お灸、バランスボール、ツボ押し、床掃除、逆子体操、
いっぱいやりすぎて、どれの効果があったのかは不明(汗)

とにかく一安心

ただ位置が固定されていないので、まだ動くかもしれないって。
助産婦さん、ちょっと触っただけで、そこまでわかるのってやっぱりすごい!
とりあえず体操などすべてやめて、動いちゃダメよーと、言い聞かせています。

でも子宮底長が、平均許容範囲よりほんの少し小さいので、念のために病院でスキャンをすることに。
日程は郵送される予定だけど、今郵便局がストライク中なので、ちゃんと届くのか不安。
今回のストライクは長引きそう。この際、政治の話は抜きにしても、不便だぞぉ!

イギリスで出産する日本人は、お腹が小さいって言われる事が結構多いみたい。
待合室でイギリス人の立派なお腹をみるとちょっぴり心配しちゃうもの。

病院ではGROWTH SCANっていうのをするんだって。
胎児の成長具合をくわしくみてくれるらしい。
とにかく、またスキャンで赤ちゃんに会えると思うと、ちょっとうれしいな。

クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキング






第5回 助産婦健診(30.5週)
2007年10月09日 (火) | 編集 |
今日は8ヶ月の助産婦健診でした。

まず、先日おこなった血液検査の結果は問題なしでした。

そしていつもの健診結果も子宮底長以外は特に問題なし。
胎児心拍数 153-164
体重 6.6キロ増
尿検査 問題なし
血圧 118/ 70
子宮底長 30センチ

たぶん、子宮底長も30.6週の日本標準だと全然問題なしか、ちょっとお腹が大きいくらいかな?
でも、イギリス標準だと、体重の増加が少なく、お腹も小さいらしい。。体重は前回が増えすぎだったから、食べ物に気をつけてたら減ってしまったの。。
(でも私は妊娠前のサイズが8か10だったので、最初からサイズ14とか16が平均のイギリス人と比べられても困るのだ。)

それよりも心配なのは赤ちゃんが前回の健診と同様

横位のままだったの。

来週、急遽もう一度、助産婦健診をしてそれまでに動かなかったら
病院へ行ってスキャンして、胎児の詳しい数値を調べましょうって言われました。

帰り道はすごくショックで、パニックしてしまったけど、
落ち着いて考えたら、イギリスでもう一度スキャンが出来るのはラッキーかも。
と、思い直しました。

でも赤ちゃんの位置が治らないと、横位の場合は100%帝王切開。
なんとか動くよう、お灸をしたり、体操したり、はいつくばって床掃除したりしてます。
ふと思ったんだけど、

なんで私がお灸すえられちゃうわけー?

親にだってすえられた事ないのに、我が子に。。(涙笑)
もう、早く直っておくれー。

人気ブログランキング

クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 海外生活ブログへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。