英国に永住した日本人夫婦のスローライフとHappy子育て。 試行錯誤でバイリンガル教育してます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アールグレイ紅茶風味の芋ようかん 
2008年10月13日 (月) | 編集 |

10月13日はいもの日なんだって~。

それにちなんで、芋ようかんを作ってみました。
イギリスの芋は日本のほど甘くないし、風味も劣る気がするので
アールグレー紅茶風味にしてみました♪

芋ようかん


とっても久しぶりにレシピアップです。
キッチンと名のついたブログなのに料理のことを書かず育児ブログになってました(汗)


クリックしてね
ランキング参加中。レシピ気に入ってくれたら押してね。



<材料>
さつまいも 300グラム
砂糖 60グラム
棒寒天 1本
アールグレイ紅茶(さましたもの)500CC

<作り方>
1.棒寒天を水で洗ってから30分ほど水で戻す。
2.サツマイモの皮をむき、蒸し器で蒸してから滑らかになるまでミキサーにかける。
3.もどした寒天をよくしぼってから、なべに移し、紅茶500CCを加えて中火にかける。
4.寒天がよくとけたら、砂糖60グラムをまぜよく溶かす。
5.沸騰するぎりぎりのところで火を止めすばやくサツマイモとまぜあわせる。
6.容器に移して荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やしてできあがり。

<注意>寒天が完全に溶けてから砂糖をいれないと、寒天が解けなくなってしまうので注意!
      粉寒天は沸騰させるけど、棒寒天なので沸騰ぎりぎりで火からおろしました。


なんとなく思いつきで紅茶で寒天を溶かしてみたら、うまく固まってくれましたー。
よかったワー。

BlogRanking
最後まで読んでくれてありがとう。こっちもクリックお願いします。


今日の独り言:読書の秋、スポーツの秋、いえいえ、やっぱり食欲の秋!



スポンサーサイト

栗の甘露煮とマロンペースト
2007年11月09日 (金) | 編集 |
ハロウィンもガイフォークスも終わったら、もうクリスマスよね。

ハロウィンはドアを開けるたびに訪問販売だし(なかなかの営業方針だけどネ)、
ガイフォークスの花火はすぐに飽きてうるさいだけ。
かわいいコスプレキッズの為に用意したチョコは、結局自分で食べちゃった。

散々だったワ。

あぁー大変!秋の味覚、をまだ食べてないのに冬になっちゃった!

maron


大急ぎで生栗と冷凍の栗を、買いに行きました。
毎年この時期になると、冷凍のむき栗がWAITROSEで発売されます。
すぐ売り切れてしまうから、ドキドキ。
でもまだ10袋くらい残っていました。
あーよかった。

これさえストックしておけば、クリスマスのターキーのスタッフィングに使ったり、
お正月の栗きんとんも作れる。
寒いイギリスの冬を、おいしく乗り切るには、mustアイテムなのだ。

とりあえず、簡単甘露煮(色づけしてないもの)と、
それをミキサーでつぶして作ったマロンペーストをたくさん作って冷凍保存しました。

生栗のほうは、すごく甘かったので、ふかしてそのまま食べちゃいました。

今日の甘露煮は、レシピと言うほどでもないので簡単に。

クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 料理ブログへ

人気ブログランキング


[READ MORE...]
ドライフルーツのパウンドケーキ- Pound Cake with Dry Fruits
2007年10月11日 (木) | 編集 |
パウンドケーキ、その名前のとおりすべての材料を1POUNDずつ(1対1対1)で作る、
イギリスの簡単ケーキのレシピです。

パウンドケーキ



なぜかパウンドケーキを、週に一回は焼いている今日この頃。
きっかけは、食パン買うの忘れたちゃった。でもまた出かけるのやだー。
と、家にある材料だけでパンもどきを作れないかと思いついたのが始まり。
それほど作るのが簡単なのだ。

妊娠してから鉄分の摂取を心がけて、毎日レーズンとプルーンを食べていたのだけど、
そのまま食べるだけだと何だか歯にしみる。。(でも歯医者は絶対いや!)
そうだー。パウンドケーキに入れちゃえ!と、毎回ドライフルーツをたっぷり入れています。
そのお陰なのか?血液検査のヘモグロビン値は毎回絶好調なのです。

鉄分を採らなくちゃー。と、レーズンを多く入れすぎて、一口食べただけでお腹一杯になっちゃうほど、おもたーいケーキになっちゃった事も。
イギリスのケーキってすっごく甘いか、すっごくおもたいのが多いけど、私の失敗作はレーズンケーキ改め、ケーキ風レーズン?!みたいだったの(汗)

今回のレシピは、ふた切れを食べながら、ミルクティーがちょうどおいしくいただける
くらいの重たさの配合です。(あくまでも個人的嗜好なのであしからず。)

人気ブログランキング

クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 料理ブログへ


[READ MORE...]
アップルパイ-APPLE PIE
2007年10月04日 (木) | 編集 |
BramleyApple

今日使用したのはBramley Apple。そのまま食べるにはすっぱすぎだけど、火を通すととってもおいしいりんご。

イギリスのスーパーでは年中たくさんの種類のりんごがたくさん売られています。
日本のものに比べて小ぶりなので、ランチには一個そのままかじって食べる習慣があるほど、頻繁に食されます。
最近では中国産のフジも売ってるの。でもこっちサイズで、日本のよりふた周りくらい小さいかな。
日本ではそのままたべられるりんご(デザートアップル)しか見かけないけど、こちらでは酸味が強く生で食べるにはすっぱすぎるりんご(クッキングアップル)も何種類か売られています。


ApplePie

アップルパイを作るには、糖度が高すぎて崩れやすいデザートアップルより、クッキングアップルのほうがおいしくできるみたい。
なぜかアップルパイってアメリカが本場ってイメージだけど、本家はイギリス。
イギリスが発祥の地。そして今でも頻繁に食べられる人気デザートなのだ。

イギリス人にとってのパイって主に二種類あって、
ひとつはショートクラストペイストリー(Shortcrust Pastry)、
もうひとつはパフ ペイストリー(Puff Pastry)。
どちらも小麦粉、塩とバターで作るけど、
パフペイストリーは何度か伸ばして折りたたむ作業を繰り返し
レイヤーを作る日本で一般的なパイ生地。
ショートクラストの方は、日本ではキッシュとかタルトに近い練りこんで作った生地のことです。

イギリスではどちらの生地で作ってもアップルパイ。
アップルパイを頼んだらアップルタルトが出てきたとしても決して文句を言わないように(笑)。
こちらではどちらも立派なパイなのだ。

今回はPUFFの生地で作りました。
(個人的にはやっぱりこっちがパイだと思ってしまうのよね。)

人気ブログランキング

クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 料理ブログへ


[READ MORE...]
ルバーブ・クランブル‐Rhubarb Crumble
2007年09月19日 (水) | 編集 |
ルバーブ

日本ではあまりみかけないルバーブ。
イギリスでは3月末から9月末くらいまでスーパーで簡単に手に入ります。
写真のルバーブは9月なので緑がかっていますが、気温の上がる6月、7月くらいは赤色が強くなります。
砂糖を加えて加熱し、デザートに使用するのが主流で、その調理方法から果物と思われがちだけど、本当は野菜なんだって。
色に関しては品種がちがう場合もあるけど、緑色の方が酸味が強いような気がする。(なので緑が強い場合は砂糖の量を増やしたほうがいいかも。)

イギリスで放送中のレストランとういう番組を見ていたらルバーブ・クランブルを作っていたので食べたくなって作っちゃいました。これは素人何組かがいくつもの課題を乗り越えて最後にレストランをオープンする資格を得るという企画番組。イギリスのグルメブームはまだまだ健在。

ルバーブクランブルは作るのが簡単な上、繊維たっぷりで体にもいいので、イギリスではとってもポピュラーなデザートです。
ルバーブクランブル


クランブルにはカスタードをかけるのを忘れずに!カスタードの記事はこちら→


クリックしていただけると、とっても励みになります。⇒にほんブログ村 料理ブログへ


[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。